【サイクルモード】ウチ乗りを試そう(2)…ズイフトにタックス、カンパニョーロも | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【サイクルモード】ウチ乗りを試そう(2)…ズイフトにタックス、カンパニョーロも

イベント スポーツ
サイクルモード2016(幕張メッセ、11月4~6日)
  • サイクルモード2016(幕張メッセ、11月4~6日)
日本最大のスポーツ自転車フェス「サイクルモード2016」(幕張メッセ、11月4~6日)では、インドアサイクリング体験コーナーに行列ができていた。そこで、会場で試せる“ウチ乗り”10種類をピックアップ。今回は、ズイフトにタックス、カンパニョーロなど5選を見ていこう。


■固定ローラー体験コーナー

インターマックスのSTAGESブースでは、タックスの固定ローラー体験コーナーに行列ができた。バイクのハンドル部分にタブレットが設置され、ツール・ド・フランスなどの有名コースが表示される。体験者は、坂道でのペダルの重さ、下りの軽さなどを実感。「うわっ、重いっ」と笑う女性の姿もあった。


■超低速から高速走行、ヒルクライムまで

GROWTACは、超低速から高速走行までスムーズで安定した走行感を試せる新製品「GT-Roller Q1.1」などの体験コーナーを設置。スタッフらはダンシングやスラローム、スプリント、DHポジションなどの展開性も紹介。ヒルクライムのトレーニングもできると伝えていた。


■ズイフトを体験

日直商会などのブースでは、いま世界的に注目されている「ズイフト」が体験できるコーナーを展開。ズイフト対応機種である、タックスのインタラクティブトレーナー「NEO Smart T2800」などを組み、傾斜角や距離、標高などをモニターで見ながらのライドが試せる。「坂道や下り坂のほか、石畳の路面の状況なども伝わってくる」とスタッフはいう。


■エレクトリック変速体感するコーナー

カンパニョーロジャパンは、電気式シフトレバーとスマートフォンを連動させた、エレクトリック変速を体感するコーナーを設置。Bluetoothを介してスマートフォンと連動し、変速したい段数を1~10段で設定できる機能なども試せる。「軽くタッチしただけで、こんなにキチッと決まるんだ」と感心する来場者の姿もあった。


■インドアバイクでワットチャレンジ

インドアバイクトライアルでは、高出力を競い合う「ワットチャレンジ」を試す人たちで混雑した。スタッフは、「ひとり2分間、ペダルを踏み続け、2分後のサイクルコンピューターに表示される平均出力(ワット)の数値が高い人に、プレゼントを贈呈。重たいギアを踏んで高出力を稼ぐか、軽いギアを高回転で回して高出力を生むか。選択はアナタ次第」と伝えていた。

サイクルモード2016(CYCLE MODE international 2016)は、幕張メッセ1~4ホールで11月4~6日に開催。開場時間は10~18時(6日は17時まで)。入場料は当日券1600円、WEB当日券1400円など。中学生以下無料、チームキープレフト会員入場無料。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top