【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに

イベント スポーツ
【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
  • 【リオ2016】セルフィーを楽しむ観客たち…五輪マークは人気撮影スポットに
五輪が始まり、ブラジル・リオデジャネイロは盛り上がりを見せている。街中で五輪を感じさせるものは多くないが、競技場が複数あるバーラ・オリンピック・パークは違う。

まるでテーマパークのように撮影スポットが点在する。観客たちは各競技を観戦することはもちろんだが、五輪という一大イベントを楽しむためにカメラのシャッターを切る。

その象徴が五輪マークでの記念撮影だろう。スマートフォンが普及したこともあり、家族やカップルでセルフィー(自撮り)する人々が後を絶たない。


「写真を撮ってもらえますか?」と誰かに頼むことなく、セルフィーする姿からは時代の流れを感じずにはいられない。2000年シドニー五輪のころは「セルフィー」という文化はまだなかった。4年に一度の五輪は、観客たちの楽しみ方も回を重ねるごとに進化している。


誰かに頼ることなく、ふたりだけの時間に浸り思い出を残すカップルの姿も多かった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top