巨人、オリックスとの接戦を制し3連勝…大竹寛が今季初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、オリックスとの接戦を制し3連勝…大竹寛が今季初勝利

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は6月2日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。序盤に挙げた得点を守り切り、4-2と接戦を制した。

巨人は初回、坂本勇人内野手がソロ本塁打を放って幸先よく1点を先制。続く2回には走者一、二塁の場面で亀井善行外野手の適時打が飛び出して3点を奪う。その後、オリックスに2点を返されるものの、リリーフ陣が踏ん張り逃げ切った。巨人・先発の大竹寛投手は5回2/3を投げて2失点と先発の役割を果たした。

これに対して、「オリックス、今日の試合を金子で落とすのはまずいだろ…しかも3連敗だし」「大竹が初勝利。大竹にはここから二桁狙ってほしい。大竹が2桁勝てたら、優勝できるぞ」「金子に頑張ってもらいたかった。なんだか波に乗れないな」「交流戦3連敗は痛すぎる…最悪のスタートになった」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top