横浜DeNA ベイスターズ、ファーム施設を追浜公園内に移転 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜DeNA ベイスターズ、ファーム施設を追浜公園内に移転

イベント スポーツ

横浜DeNA ベイスターズ、ファーム施設を追浜公園内に移転
  • 横浜DeNA ベイスターズ、ファーム施設を追浜公園内に移転
横浜DeNA ベイスターズと横須賀市は、横浜DeNA ベイスターズファーム施設の移転・機能強化に関する基本協定書を締結し、ファーム施設を横須賀スタジアムがある追浜公園内に全面移転することで合意したと発表した。

これまで同球団は、横須賀市長浦町に練習拠点となる総合練習場と若手選手の寮「青星寮」を構え、横須賀スタジアムをファームの本拠地球場として活動してきた。今回、本拠地機能の強化、横須賀市のスポーツ文化の振興、地域活性化を図るために、横須賀スタジアムがある追浜公園内に総合練習場と選手寮を移転する。

移転に伴い、追浜公園第2、第3野球場は廃止。当該敷地に、横須賀市が総合練習場を整備する。追浜公園の一部は都市公園から外し、同球団が当該敷地に選手寮を整備。総合練習場の管理は同球団が行う。期間は20年。総合練習場は、市民が利用するための日数を確保する。また年間100試合を限度に、横須賀スタジアムを優先利用する。

追浜公園第2、第3野球場等の利用者には、佐原文教地区に野球場(硬式対応)を整備。アイクル隣接地には、多目的広場(軟式野球・ソフトボール等対応)を整備する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top