奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ

新着 製品/用品
奈良くるみ 参考画像(2016年1月20日)
  • 奈良くるみ 参考画像(2016年1月20日)
  • 奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ
  • 奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ
  • 奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ
  • 奈良くるみが開発協力、スリクソンテニスラケット「レヴォCV」シリーズ
ダンロップスポーツは、女子テニス・奈良くるみの意見を取り入れたスリクソンテニスラケット「REVO CV(レヴォCV)」シリーズ4機種を3月12日より発売する。

レヴォCVシリーズは、レヴォVシリーズのくい付き感と振りぬきの良さを継承し、高反発素材のソニックコアを装着した新モデルだ。さらなるパワーアップと狙いどおりのスピンコントロールを可能にした。発売モデルは「REVO CV 3.0 TOUR」「REVO CV 3.0」「REVO CV 5.0」「REVO CV 5.0 OS」。

「従来モデルよりももっと球威があり、スピンをかけやすいラケット」「ボールが持ち上がりやすいラケット」という奈良の要望を受けて開発。ソニックコア・テクノロジーを採用している。

フェース部のフレーム内に、ウレタン系とシリコン系という2種類の高反発素材からなるソニックコアを装着。各モデルの特性が出るように高反発素材を組み合わせ、反発力とスピンコントロールのためのホールド感を最適化している。

レヴォCV 3.0を使用する奈良は、「反発性がアップしたことで明らかにボールの速度が上がった。スピンもかけやすくなったので、打ったボールがベースライン付近に、より高い弾道で思った通りにボールが落ちてくれるので、今までよりも相手を追い込んで攻撃することができる。逆に追い込まれた時は、ボールが自然に持ち上がってくれるので、苦しい場面でのショット性能が上がり、次のボールへも入りやすく、プレーを立て直しやすくなった」とコメントしている。

計測機器で奈良のストロークを検証してデータ分析した結果、ボール速度とスピン量がアップ。球威が上がったことにより、相手コートまで球が伸び、落差の大きい高弾道ショットでベースライン付近を鋭く狙うことができるようになっている。各3万3000円(税抜き)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top