東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売

ウェアラブル 国内

東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
  • 東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
  • 東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
  • 東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
  • 東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
  • 東芝、会話量測定や食事時間検出などを搭載したリストバンド型生体センサ発売
東芝は、生体センサ「Silmee」シリーズの新商品として、「Actiband」に会話量測定や食事時間検出などの新機能を追加したリストバンド型生体センサ「Silmee W20」と「Silmee W21」を発売する。

新商品には、会話量測定、食事時間検出、位置情報、ボタン操作による第三者への緊急連絡、脈拍測定、紫外線量測定、皮膚温度測定などの新機能を搭載。「Silmee W21」には、GPS機能を搭載している。自分自身のからだの見守りに、これらの取得情報やライフログを活用できる。

第三者と、記録したライフログを共有可能。企業向け拡張機能には、体調不良などでセンサが異常値を検出した場合に、予め登録した相手に緊急通知できる機能が用意されている。バッテリー持続時間は、従来商品同様に2週間の連続使用が可能。市販の腕時計用バンドの規格と互換性があり、バンドを季節や気分に合わせて交換できる。

「Silmee W20」は、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場で購入受付を開始しており、出荷は9月下旬の予定。価格は24,000円(税込)。「Silmee W21」は、9月下旬に購入受付を開始。出荷予定は11月初旬。価格は28,000円(税込)。

同社は今後、リストバンド型活動量計「Actiband」と貼付け型生体センサ「Silmee Bar type Lite」を、「Silmee」シリーズとしてブランドを統一。目的に応じた幅広いラインアップを展開していく。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫米国メディアに手の平を返させた大谷翔平、開幕前の酷評をどう感じていた?

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top