フレーム剛性向上のために大胆な戦略…東京サイクルデザイン専門学校卒業制作展 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フレーム剛性向上のために大胆な戦略…東京サイクルデザイン専門学校卒業制作展

エンタメ デザイン
BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
  • BUNS
東京サイクルデザイン専門学校の自転車クリエーションコース第1期生卒業生による卒業制作展が、2月17日~2月19日にかけて東京・青山のスパイラルホールで行われた。会場には約30台の個性豊かな自転車が展示され、来場者を楽しませた。

BUNS。

コンセプトは「ねじれにつよく」。ペダルとハンドルにかかる力をうまくエネルギーに変えられれば加速性の向上につながるとし、フレーム剛性を高めた。ヘッドチューブでステムを挟み込み、ステアリングコラムのよれを少なくした。

また、フレームとステムの一体感を出すため、ステアリングコラムを固定する方法として「こまどめ方法」を使用し、ヘッドをスッキリとさせた。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top