ソニー、ウェアラブルスマートグラス「SED-E1」をアプリ開発者向けに3月から販売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソニー、ウェアラブルスマートグラス「SED-E1」をアプリ開発者向けに3月から販売

ウェアラブル 国内
ソニー、ウェアラブルスマートグラス「SED-E1」をアプリ開発者向けに3月から販売
  • ソニー、ウェアラブルスマートグラス「SED-E1」をアプリ開発者向けに3月から販売
  • ソニー、ウェアラブルスマートグラス「SED-E1」をアプリ開発者向けに3月から販売
ソニーは、スマートフォンと連携し、テキスト、シンボル、画像等の情報を視界に重ねて表示する、透過式メガネ型端末 『SmartEyeglass(スマートアイグラス)』を開発し、商品化に向けた取り組みを進めている。

さらなるアプリケーションの探索と充実のため、『SmartEyeglass Developer Edition(スマートアイグラス・デベロッパーエディション)』「SED-E1」を、日本、アメリカ、イギリス、ドイツにおいて、アプリ開発者に向けて3月より発売する。さらに産業用途のアプリ開発を促進するために、法人顧客に向けては、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、スウェーデンでも購入が可能。アプリケーション開発支援サイト「Sony Developer World」のSmartEyeglass専用ページを通じて販売する。

さらにハードウェアの提供開始と合わせて、昨年9月より先行リリース版として提供をしているソフトウェア開発キット(SDK)を更新して、正式リリース版のソフトウェア提供を開始することにより、アプリ開発を促進。ソニーはウェアラブル端末の使用用途の拡がりを見据え、開発者に向けて製品を発売することにより、開発者のユニークな発想と多様なアプリ開発を促進し、SmartEyeglassの提供する体験向上を狙う。

またソニーは、2016年内に一般ユーザーや法人顧客に幅広く『SmartEyeglass』を提供することを目指し、商品化に向けて今後開発を加速する予定だ。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top