ノンアルコールのカクテルテイスト飲料『アサヒゼロカク』リニューアル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ノンアルコールのカクテルテイスト飲料『アサヒゼロカク』リニューアル

新着 飲食
アサヒゼロカク
  • アサヒゼロカク
アサヒビールは、カクテルテイスト清涼飲料『アサヒゼロカク』をリニューアルし、全国で発売する。


『アサヒゼロカク』は、2010年9月に発売されたカクテルテイスト清涼飲料ブランド。アルコール分0.00%にも関わらずお酒らしい味わいが楽しめ、気軽にカクテルならではの華やかで楽しい気分が味わえることが高く評価されている。同時にカロリーゼロと糖類ゼロを実現している。

「アサヒゼロカク」の主力フレーバーのカシスオレンジテイスト、シャルドネスパークリングテイストは中味とパッケージをリニューアル。カシスオレンジテイストは、カシスとオレンジのバランスの良さはそのままに、スッキリした後味にリニューアルした。

シャルドネスパークリングテイストは、新たにイタリア産シャルドネぶどう果汁を採用し、従来の無果汁から果汁1%に変更することで、ぶどうの果汁感ある味わいを実現。この2フレーバーは、業務用専用の200mlサイズもリニューアルして発売する。

“フルーティー気分”のデザインでは、フルーツのイラストを大きく描き、果実をそのまま搾った果汁のみを使用していることを「丸搾り果汁100%」と訴求することで、果実へのこだわりを表現した。また、“フルーツカクテルの第一人者”として知られる「The Bar CASABLANCA」(神奈川県 横浜市)のバーテンダーである山本悌地氏を“「アサヒゼロカクフルーティー気分」の応援サポーター”として起用。

山本氏は2000年のNBA全国バーテンダー技能選手権で総合優勝しているほか、フルーツを使用したオリジナルカクテルに関する本も出版しており、フルーツカクテルのおいしさにこだわり続ける世界的に著名なバーテンダーだ。店頭販促物やアサヒビールのホームページ等で山本氏の表現を通して「アサヒゼロカク フルーティー気分」についての魅力を訴求する。

“スッキリ気分”のデザインでは、缶全体をメタリックな色合いにし氷のモチーフをデザインすることで、甘すぎずスッキリした飲み口を表現した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top