中田英寿「いかにリスペクトし合うかだと思う」…世界と日本のものづくりについて語る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿「いかにリスペクトし合うかだと思う」…世界と日本のものづくりについて語る

イベント 文化
モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)撮影画像 (2015年1月13日)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像) 撮影画像 (2015年1月13日)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像) 撮影画像 (2015年1月13日)
元サッカー日本代表・中田英寿氏による日本文化を再発見する活動「ReVALUE NIPPON」と、日研総業の製造業専門求人情報サイト「e仕事」がコラボレーションしたプロジェクトが「モノづくりニッポン e仕事×ReVALUE NIPPON」。

2014年4月よりスタートしたこのプロジェクトは、日本のモノづくりの魅力を国内外に広く発信していくことを目的として活動を推進中だ。

そして、このプロジェクトの第2弾が、1月13日に行われた都内での記者発表会にて、ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」募集・育成キャンペーンと発表された。

今回のテーマはジャパンクオリティを学び、次世代につないでいく「塗師」の育成。現役引退後、世界各国を旅する一方で、兼ねてから日本の伝統工芸に興味を抱いていた中田氏は、日本全国を巡る最中、漆芸家で人間国宝の室瀬和美氏と出会って漆塗りを体験。そこで感じた日本の美意識に感銘を受けた。今回は、その室瀬氏と強力タッグを組んで一流の塗師を育成する。

参加者は、漆塗りと現代塗装の2つの「塗り」をテーマとした講座を数ヶ月にわたって受講した後、約1週間イタリアに渡り、中田氏とともにイタリア・ミラノで開催予定のイベントに参加する。

発表会の冒頭では、中田氏と室瀬氏が「会えばサッカーの話をしている」と、出会いのきっかけが「サッカーつながり」であったことも明かすなど和やかな雰囲気で始まった。

中田氏は「好きな伝統工芸のひとつが漆塗り。すごく興味がある」と話し、今回のキャンペーンが始まることに対しても「日本の伝統工芸の良さは、現在もこれからも伝えていかなければならないことだし、とても嬉しいこと」と、充実した表情を浮かべた。途中、室瀬氏が漆塗りのための道具を説明する際には、真剣な眼差しを送っていた。

また、発表会には中田氏と室瀬氏のほかにも現代塗装のスペシャリストらが登壇。「塗り」をテーマに熱いトークセッションを行った。

中田氏は漆塗りについて、「日本のモノづくりで、漆塗りは特に美意識が表面に出てきやすいと思う。外国の友人達も漆塗りにはとても興味を持っている」「食文化と同じで、伝統工芸も争うものではなくて国境を越えていくものだと思う。いかに、互いの共通点を見出してリスペクトし合うかだと思う」と、ジャパンクオリティを発信していく意気込みを語った。

また、室瀬氏も「サッカーに日本代表があるように、伝統工芸にも日本代表というものができるくらい、工芸を次世代に伝えていく土壌を作りたい」と意気込んだ。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top