リコー、大気障害除去システムを搭載したレンズを発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リコー、大気障害除去システムを搭載したレンズを発売

リコーは、大気中の霧や雨、黄砂など大気映像障害を取り除き、対象物を鮮明に記録できるリコー独自の画像処理技術「大気障害除去システム」とFull HD対応により、高精細な画像出力を実現した監視カメラ用CCTVレンズ「H55ZC-ME-F-HD-PR01」を発売開始した。

新着 技術
リコー、大気障害除去システムを搭載したレンズを発売
  • リコー、大気障害除去システムを搭載したレンズを発売
リコーは、大気中の霧や雨、黄砂など大気映像障害を取り除き、対象物を鮮明に記録できるリコー独自の画像処理技術「大気障害除去システム」とFull HD対応により、高精細な画像出力を実現した監視カメラ用CCTVレンズ「H55ZC-ME-F-HD-PR01」を発売開始した。

近年、セキュリティ強化に対する関心が高まる中、さまざまな場所、用途で監視カメラの設置数が増加しているという。

このたび発売する「H55ZC-ME-F-HD-PR01」は、「大気障害除去システム」使用時でもFull HDに対応した高精細画像の出力が可能となった。悪天候でも、鮮明な画像で目標物を記録することが可能なので、国境監視、港湾、空港など広域・遠距離監視、森林火災監視や街頭監視でも威力を発揮することができるとしている。
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top