NTTドコモ、「5G」研究開発で世界主要ベンダーと協力合意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NTTドコモ、「5G」研究開発で世界主要ベンダーと協力合意

ウェアラブル ビジネス

各ベンダーとの実験の内容
  • 各ベンダーとの実験の内容
  • 各ベンダーとの実験の内容詳細
 NTTドコモは8日、富士通および日本電気(NEC)などの世界主要ベンダーと、「第5世代移動通信方式」(5G)に関する実験において、協力を合意したことを発表した。

 「5G」は、現在世界的に導入されている第3.9世代/第4世代(LTE/LTE-Advanced)をさらに高度化した通信方式。LTEの1000倍以上の大容量化、2020年のサービスインを目指して、国際的に研究が進められている。

 今回、Alcatel-Lucent、Ericsson、富士通、日本電気、Nokia、Samsung Electronicsの6社と個別の実験で協力合意した。世界の主要ベンダーと協力して各種実験を行い、広い範囲の移動通信技術の検証を行う。今後、2014年中にドコモR&Dセンタ(神奈川県横須賀市)などで屋内実験を開始し、2015年以降に屋外実験を実施する。

 この合意を受け富士通は、富士通研究所とともに、ドコモとの実験を進めるための協議検討と、5Gに関する技術開発を推進。「超高密度配置した光張出しスモールセルによる単位面積あたりの容量の増大化」に関する技術開発と実験を、ドコモと協力して実施する。また2016年以降に開始される5Gの標準化活動にも積極的に取り組む方針とのこと。

 NECでは、5Gにおいて単位面積あたりの容量をさらに増大させるため、「スモールセル向け超多素子アンテナを使用し、時間領域において指向性を制御するビームフォーミング技術」について検証を行う予定。
《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top