高橋克典が語るクルーズファッション。伊勢丹メンズがBS-TBS紀行番組とコラボ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高橋克典が語るクルーズファッション。伊勢丹メンズがBS-TBS紀行番組とコラボ

エンタメ 出版・映像

BS-TBSと伊勢丹メンズ館がコラボし、大人の旅ファッションを提案。同番組のナビゲーターを務める高橋克典氏
  • BS-TBSと伊勢丹メンズ館がコラボし、大人の旅ファッションを提案。同番組のナビゲーターを務める高橋克典氏
  • 伊勢丹メンズ館の特設展示モニターではクルーズイメージが放映される
  • 伊勢丹メンズ館の特設展示モニターではクルーズイメージが放映される
毎週水曜21時にBS-TBSで放送中の紀行番組『極上のクルーズ紀行』と伊勢丹メンズ館がコラボレーションし、大人のクルーズファッションを提案する。この取り組みに際し、同番組のナビゲーターを務める俳優の高橋克典が同館を訪れ、クルージングの魅力や旅先のファッションについて語った。

同館では、5月11日までの期間、注目が高まりつつあるというクルーズに着目し、大人の旅装を提案する「トラベラーズウィーク」を開催中。館内入口や各階の特設モニターで、同番組のクルーズ紀行の映像をディスプレイとして放映している。

番組の収録で来館した高橋氏は、昨年訪れたという地中海クルーズを振り返り、「(クルーズは)毎日ゆったりとした時が流れ、豪華な居住空間の中で、非日常の感覚を味わうことができる。寄港する都市では、その土地の歴史や文化にも触れることができ感動した。夕暮れ時に1人で大海原に沈む夕日を眺めたのも、良い思い出。クルーズは自分へのご褒美。人生の新しい楽しみになるのでは」とクルージングの魅力をアピールした。

また旅先のファッションについて、「頑張りすぎる必要はなく、自分が楽しめて、その土地にあったファッションが大事だと思う。TPOにあわせて、ジャケットやスーツはもちろん、時計やサングラスも使い分けることで旅を楽しむことができるのでは」とコメント。彼が撮影日に身につけていたストールも船上で冷えてきた時などにとても便利だという。

この収録の様子は4月30日と5月7日の2回、BS-TBSで放映される。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top