日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認

スポーツ 選手

日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認
  • 日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認
  • 日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認
  • 日本代表U23はラコートピカルドで結果に繋がらずもチームの成長を確認
ロードレース日本代表U23のメンバーが23歳以下のワールドカップシリーズ「UCIネイションズカップ」を転戦しているが、4月16日にラコートピカルドが開催され、面手利輝が43位になった。

黒枝士揮は56位、石橋学は82位、岡篤志は99位。清水太己、と内野直也は棄権。

日本は黒枝をエースとして10位以内を目指しスタート。先頭集団に黒枝と面手が残りゴールに備えたが、黒枝は並ばれた選手にラインへ強引に割り込まれ接触転倒。残念な結果となってしまった。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top