障害者世界選手権で日本勢が国内新記録を相次ぎ更新 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

障害者世界選手権で日本勢が国内新記録を相次ぎ更新

イベント スポーツ

女子タンデム1kmタイムトライアルの鹿沼由理恵(メットライフアリコ生命保険)・田中まい(競輪選手)組
  • 女子タンデム1kmタイムトライアルの鹿沼由理恵(メットライフアリコ生命保険)・田中まい(競輪選手)組
パラサイクリングトラック世界選手権は4月11日、メキシコのアグアスカリエンテスで大会2日目の競技が行われ、日本勢が国内新記録を相次ぎ更新した。

4km個人追い抜きのC4クラスに出場した石井雅史(藤沢市未来創造財団)は自身の持つ日本記録を10秒縮める4分52秒896で9位に。3km個人追い抜きC3クラスの藤田征樹(日立建機)も3分39秒214の日本新で9位に。

女子タンデム1kmタイムトライアルの鹿沼由理恵(メットライフアリコ生命保険)・田中まい(競輪選手)組も日本新で、順位は6位だが3位までとは僅差だった。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top