自転車トラックの障害者世界選手権で鹿沼由理恵・田中まいが3位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車トラックの障害者世界選手権で鹿沼由理恵・田中まいが3位

イベント スポーツ

パラサイクリングトラック世界選手権で3位になった鹿沼由理恵(右から2人目)・田中まい(右端)
  • パラサイクリングトラック世界選手権で3位になった鹿沼由理恵(右から2人目)・田中まい(右端)
パラサイクリングトラック世界選手権が4月10日にメキシコのアグアスカリエンテスで開幕し、視覚障害のクラスとなるタンデム女子Bパーシュートで鹿沼由理恵(メットライフアリコ生命保険)・田中まい(競輪選手)組が3位になった。

タンデムとは2人乗り自転車のことで、「パイロット」という役目を担う田中が視覚障害を持つ鹿沼を後ろに乗せ、2人で力を合わせて規定距離を走る。

大会は13日まで開催され、日本からは他にロンドンパラリンピック銅メダリスト藤田征樹(日立建機)と北京パラリンピック金メダリストの石井雅史(藤沢市未来創造財団)が出場する。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top