フィギュアスケート鈴木明子が初の著書『ひとつひとつ。少しずつ』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フィギュアスケート鈴木明子が初の著書『ひとつひとつ。少しずつ』

KADOKAWAは、鈴木明子氏著『ひとつひとつ。少しずつ』を4月10日に刊行することを発表した。

エンタメ 出版・映像
KADOKAWAは、鈴木明子氏著『ひとつひとつ。少しずつ』を4月10日に刊行することを発表した。
  • KADOKAWAは、鈴木明子氏著『ひとつひとつ。少しずつ』を4月10日に刊行することを発表した。
KADOKAWAは、鈴木明子氏著『ひとつひとつ。少しずつ』を4月10日に刊行することを発表した。

13回目の出場で全日本選手権を制し(28歳での優勝は最年長記録)、ソチオリンピックに出場。2大会連続入賞を果たしたフィギュアスケートの鈴木明子氏。

32kgまで体重が激減した「摂食障害」を克服、スランプを乗り越え栄冠をつかんできた。3月の世界選手権を最後に引退した鈴木氏が、自身の体験をもとに、不安や恐怖を乗り越える方法を教える内容となっている。

《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top