阪急うめだ本店で恒例のフランスフェア 19日から | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪急うめだ本店で恒例のフランスフェア 19日から

バックナンバー 過去ニュース
大阪の阪急うめだ本店で恒例のフランスフェアが3月19日に始まる。2013年の南仏イエールに続き、2014年のテーマはフランス第2の都市リヨン。現地から観光局、有名パン職人、伝統の人形劇などが来日し、会期中会場はリヨン一色に染まる。
  • 大阪の阪急うめだ本店で恒例のフランスフェアが3月19日に始まる。2013年の南仏イエールに続き、2014年のテーマはフランス第2の都市リヨン。現地から観光局、有名パン職人、伝統の人形劇などが来日し、会期中会場はリヨン一色に染まる。
大阪の阪急うめだ本店で恒例のフランスフェアが3月19日に始まる。2013年の南仏イエールに続き、2014年のテーマはフランス第2の都市リヨン。現地から観光局、有名パン職人、伝統の人形劇などが来日し、会期中会場はリヨン一色に染まる。

パリからTGVで南東に2時間、ローヌアルプ地方の中心地リヨンは古くから交通の要衝の地として栄え、絹織物とグルメでも知られる。石畳の旧市街から絹織物工房が点在するクロワルース地区にかけては「リヨン歴史地区」として1998年ユネスコの世界遺産に登録された。

新旧のコントラストが鮮やかなリヨンは古い歴史を残しつつダイナミックな変貌もとげている。その一例がリヨン市内を流れるローヌ川とソーヌ川の合流点、コンフリュアンス地区の大規模な再開発だ。約150ヘクタールにわたるかつての河川運輸基地に遊歩道や住宅、ショッピングセンターなどを設け、2014年中にコンフリュアンス博物館もオープンする。

今回の阪急うめだ本店フランスフェアではリヨン観光局から局長フランソワ・ガイヤール、広報担当ブランディーヌ・テネ、プロモーション担当アントニー・ペリの3氏が来日し、期間中毎日PRイベント「シェフ・ファクトリー」を開催。シンボルマークにもなっている木のスプーンがプレゼントされ、リヨンの見どころや郷土料理を紹介する。

またフランスフェア初日の19日にはリヨン観光局と大阪観光局の間で提携文書調印も予定されている。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top