2013年の電動アシスト自転車の販売動向、台数ベースで27%の成長 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2013年の電動アシスト自転車の販売動向、台数ベースで27%の成長

バックナンバー 過去ニュース
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。
  • ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。

2013年における電動アシスト自転車の販売台数は前年比27%増となった。

2013年は年後半に向けて高額商品の価格帯構成比が上昇する傾向にあった。

その要因の1つ目は、バッテリーの大容量化である。バッテリー容量8Ahの製品は、2012年に数量構成比で市場の49%を占めていたが、2013年には64%に達し、標準的なスペックとして市場に定着した。

2つ目の要因は、幼児2人同乗基準適合モデルの普及。電動アシスト自転車の需要は男性以上に女性に支えられている。中でも幼児を同乗させ移動する用途は、電動アシスト自転車購入の強い動機となっている。

(リンタ インザーギ)
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top