遊び感覚でスキルを学ぶ子供向けシクロクロス教室 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

遊び感覚でスキルを学ぶ子供向けシクロクロス教室

バックナンバー 過去ニュース
 ジュニア層の自転車操縦技術向上を図っている東京都自転車競技連盟普及委員会が、12月8日に東京・小平のブリヂストン東京工場内の運動広場で子供向けシクロクロス教室を行なった。
  •  ジュニア層の自転車操縦技術向上を図っている東京都自転車競技連盟普及委員会が、12月8日に東京・小平のブリヂストン東京工場内の運動広場で子供向けシクロクロス教室を行なった。
 ジュニア層の自転車操縦技術向上を図っている東京都自転車競技連盟普及委員会が、12月8日に東京・小平のブリヂストン東京工場内の運動広場で子供向けシクロクロス教室を行なった。

 半日の講習だが密度は濃い。元気な子供たちに保護者も含めてまずは「しっぽ切り鬼=ヘルメット後ろに貼った紙テープを鬼にとられないよう逃げる」、「フライングダッシュ=投げたボールに早く追いつく」、「だるまさんが転んだ=転んだという言葉でスタンディング」などの遊びを通して乗車スキルを磨いた。
 休憩をはさみ、シクロクロス独自の自転車からの降り方を左右、けんけん乗りに、飛び乗りをやはり左右で練習。続いて障害物を止まらずに越えていく練習。元シクロクロス全日本チャンピオンの須藤むつみさんも講師として走った。すべてのメソッドは、テンポよく飽きさせず。
 最後は保護者やインストラクターと子供がペアを組み、15分間全力のリレーレース。大人たちの激しい息づかいと、子供たちの歓声が、青空に吸い込まれていった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top