標高3275mへ 台湾キングオブマウンテン参加ツアー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

標高3275mへ 台湾キングオブマウンテン参加ツアー

 全長100km、海抜0mから標高3275mまで6時間半以内で駆け上がるというヒルクライムレース、「台湾キングオブマウンテン2013」が11月9日に開催され、近畿日本ツーリストがその参加ツアーの募集を開始した。

バックナンバー 過去ニュース
 全長100km、海抜0mから標高3275mまで6時間半以内で駆け上がるというヒルクライムレース、「台湾キングオブマウンテン2013」が11月9日に開催され、近畿日本ツーリストがその参加ツアーの募集を開始した。
  •  全長100km、海抜0mから標高3275mまで6時間半以内で駆け上がるというヒルクライムレース、「台湾キングオブマウンテン2013」が11月9日に開催され、近畿日本ツーリストがその参加ツアーの募集を開始した。
 全長100km、海抜0mから標高3275mまで6時間半以内で駆け上がるというヒルクライムレース、「台湾キングオブマウンテン2013」が11月9日に開催され、近畿日本ツーリストがその参加ツアーの募集を開始した。

 台湾中東部の花蓮から大理石をえぐって道を作ったタロコ渓谷を上り、標高3275mの武陵にゴールする「台湾キングオブマウンテン」。過去には新城幸也、宮澤崇史、福島晋一らが参加したが、100kmほどをひたすら上る山岳レースだけに走りごたえは充分だったという。
 今年は11月9日開催。参加条件は日本の主要大会での実績が求められるだけにハイレベルなイベントとなるが、脚力に自信がある人は日本人優先出場枠が用意されているので問い合わせてみよう。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top