ホダカが走行距離60kmのサイクリング入社式 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ホダカが走行距離60kmのサイクリング入社式

 自転車メーカーのホダカが4月1日にユニークなサイクリング入社式を行う。入社初日からサイクリングを体験することによって早期に会社に溶け込んでもらうことが目的で、今春が初めての実施。埼玉県越谷市にある本社をスタートし、先輩社員とともに千葉県の江戸川サイク

バックナンバー 過去ニュース
 自転車メーカーのホダカが4月1日にユニークなサイクリング入社式を行う。入社初日からサイクリングを体験することによって早期に会社に溶け込んでもらうことが目的で、今春が初めての実施。埼玉県越谷市にある本社をスタートし、先輩社員とともに千葉県の江戸川サイク
  •  自転車メーカーのホダカが4月1日にユニークなサイクリング入社式を行う。入社初日からサイクリングを体験することによって早期に会社に溶け込んでもらうことが目的で、今春が初めての実施。埼玉県越谷市にある本社をスタートし、先輩社員とともに千葉県の江戸川サイク
 自転車メーカーのホダカが4月1日にユニークなサイクリング入社式を行う。入社初日からサイクリングを体験することによって早期に会社に溶け込んでもらうことが目的で、今春が初めての実施。埼玉県越谷市にある本社をスタートし、先輩社員とともに千葉県の江戸川サイクリングコースを経由する約60kmを自社製スポーツ自転車で春の季節を全身で感じながら力走する。

 同社では4月から12月までのシーズン中は、毎月1回全社サイクリングを実施し、全国6つの営業拠点で約100人の社員が毎回さまざまなコースでサイクリングを楽しむ。このほか自転車通勤の奨励制度も設け、交通ルールを守った安全な走行を行い、自転車メーカーとして手本となるように心がけているという。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top