フランスのGPアルビでEQAU23の寺崎6位、秋丸8位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フランスのGPアルビでEQAU23の寺崎6位、秋丸8位

 GPウベルチュール・ド・アルビが3月3日にフランスのアルビで開催され、距離132kmのレースでEQAU23の寺崎武郎が6位、秋丸湧哉が8位になった。

バックナンバー 過去ニュース
 GPウベルチュール・ド・アルビが3月3日にフランスのアルビで開催され、距離132kmのレースでEQAU23の寺崎武郎が6位、秋丸湧哉が8位になった。
  •  GPウベルチュール・ド・アルビが3月3日にフランスのアルビで開催され、距離132kmのレースでEQAU23の寺崎武郎が6位、秋丸湧哉が8位になった。
 GPウベルチュール・ド・アルビが3月3日にフランスのアルビで開催され、距離132kmのレースでEQAU23の寺崎武郎が6位、秋丸湧哉が8位になった。

 2つの登りを有す1周11kmのサーキットを12周するコース。南仏の名門クラブ、エクスアンプロバンスと昨年の優勝チーム、シュッドガスコーニュがベストメンバーでエントリー。EQAU23はしっかりレース展開に参加し、かつ10位以内入賞を目標としてスタート。
 レースは秋丸のアタックで始まり、主力チーム4名の先頭集団を形成。他チームの警戒もあり一度は20名強の先頭グループが形成され、チームからは4名を送り込む。しかし12名スタートで圧倒的優位なエクスが巧みなアタックで単独3名の逃げを成功させた。
 チームは清水を中心に全ての有力な追走に参加するが、エクスの3名は捕えられることなくゴール。追走7名に残った寺崎と秋丸は4位争いでそれぞれ6位、8位でゴールした。今回は1~5位をエクスが独占という結果だった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top