絶好調でランカウィを終えた新城はミラノ~サンレモへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

絶好調でランカウィを終えた新城はミラノ~サンレモへ

 ヨーロッパカーの新城幸也がツール・ド・ランカウィ第10ステージを38位、総合25位で終え、3月3日に帰国した。4日間の日本滞在ののちに渡仏。フランスでのいくつかのレースを走った後、本人の希望であったイタリアのミラノ~サンレモに出走する予定。(飯島美和)

バックナンバー 過去ニュース
 ヨーロッパカーの新城幸也がツール・ド・ランカウィ第10ステージを38位、総合25位で終え、3月3日に帰国した。4日間の日本滞在ののちに渡仏。フランスでのいくつかのレースを走った後、本人の希望であったイタリアのミラノ~サンレモに出走する予定。(飯島美和)
  •  ヨーロッパカーの新城幸也がツール・ド・ランカウィ第10ステージを38位、総合25位で終え、3月3日に帰国した。4日間の日本滞在ののちに渡仏。フランスでのいくつかのレースを走った後、本人の希望であったイタリアのミラノ~サンレモに出走する予定。(飯島美和)
 ヨーロッパカーの新城幸也がツール・ド・ランカウィ第10ステージを38位、総合25位で終え、3月3日に帰国した。4日間の日本滞在ののちに渡仏。フランスでのいくつかのレースを走った後、本人の希望であったイタリアのミラノ~サンレモに出走する予定。(飯島美和)

 ツール・ド・ランカウィ最終日はマレーシアの東、トレンガヌ市街地がゴールの舞台。途中、いくつかの逃げができるものの、ヨーロッパカーが2連勝中のスプリンター、ブライアン・コカのために積極的にコントロールし、大きな集団のまま最終周回に入った。新城らはいつもの通りスプリント態勢を整えてゴールに備えたが、やはり他チームのコカに対するマークは厳しく、チームの連携を阻止しようという動きがみられ、進路がうまく確保することができず、新城とコカは集団中ほどに取り残されたままのゴールとなった。

「今日はうまくいかなかった。チームみんなが頑張って働いていたから、最後も結果を残したかった」と、ゴール直後は納得のいかない表情で語っていたが、「自分にとっては最後まで調子よく走れたし、チームに合流して最初のレースで2勝できたし、すごくいい雰囲気の中で走ることができたことに満足している。順調にシーズンのスタートを切ることができたと思う」と新城は語っている
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top