自転車でけん引できる多機能ベビーカーが人気 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車でけん引できる多機能ベビーカーが人気

バックナンバー 過去ニュース

 自転車でけん引できる多機能ベビーカー「チャリオット」が話題だ。都会に住む子育て中のママたちが保育園や幼稚園などで子供を送り迎えするときなどに便利。
  •  自転車でけん引できる多機能ベビーカー「チャリオット」が話題だ。都会に住む子育て中のママたちが保育園や幼稚園などで子供を送り迎えするときなどに便利。
 自転車でけん引できる多機能ベビーカー「チャリオット」が話題だ。都会に住む子育て中のママたちが保育園や幼稚園などで子供を送り迎えするときなどに便利。

 チャイルドシートを装備する自転車が種類が増え、電動アシスト機能付きやおしゃれも追求したモデルなどもある。選択肢が増える中、自転車好きなママたちがセレクトするのがチャイルドトレーラーだ。
 海外では30年近く前から、いろいろなブランドがチャイルドトレーラーを販売しているが、品質と機能性で優れているのがカナダ製の「チャリオット」だ。
 防水カバーをすれば雨風しのげ、冬場は温かい。UVカットも採用しているため夏場は日焼け対策にもなる。カバー付きの荷台は荷物がたくさん入るため、たくさんの買い物も楽々こなすことができる。
 なんといってもミニベロのように大きな20インチの車輪は段差やでこぼこ道もスイスイと移動できる。自転車で牽引するのであれば、専用の金具を装着し2輪タイヤで、ベビーカー仕様なら付属の小さな車輪を前方に装着して3輪タイヤで移動する。
 オプションをそろえれば新生児仕様にできたり、ジョギング、スキー、ハイキングなど、スポーツシーンで活用できるのも魅力だ。しっかりとしたベルトも装備され、許容積載荷重は1人用で34kg、2人用で45kgと年長になっても十分活用できる。大人が押しても絶対に横に倒れることはなく、万が一自転車が転倒しても子供たちに影響が少ない。
 日本での輸入総代理店プレザントのオーナー上田雅之さんは「スポーツ自転車にも簡単に装着できるため、独身時代の自転車をそのまま活用できる。発売当初は男性が多かったですが、最近は女性が増えてきました。安全なだけでなく、生活スタイルの幅を拡げるツールとして活用してほしい」と話している。
《編集部》
page top