USB充電や乾電池で日常的に使えるライト登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

USB充電や乾電池で日常的に使えるライト登場

 発光面積が大きく、抜群の非視認性を誇るファイバーフレアライトから、従来のショートより、全長は40mm、発光部は34mm短いスーパーショートタイプが発売された。取り扱いは自転車商社のマルイ。

バックナンバー 過去ニュース
 発光面積が大きく、抜群の非視認性を誇るファイバーフレアライトから、従来のショートより、全長は40mm、発光部は34mm短いスーパーショートタイプが発売された。取り扱いは自転車商社のマルイ。
  •  発光面積が大きく、抜群の非視認性を誇るファイバーフレアライトから、従来のショートより、全長は40mm、発光部は34mm短いスーパーショートタイプが発売された。取り扱いは自転車商社のマルイ。
 発光面積が大きく、抜群の非視認性を誇るファイバーフレアライトから、従来のショートより、全長は40mm、発光部は34mm短いスーパーショートタイプが発売された。取り扱いは自転車商社のマルイ。

 ファイバーフレア ライト スーパーショートは、乾電池タイプのLEDセーフティライト。 ナイトライディング時の安全性を高める。2,940円。
 ファイバーフレア ライト USBスーパーショートはコンピューターなどのUSBポートから充電が可能なファイバーフレアライト。 日々のライディング時の安全性を高める。3,675円。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top