上りでも下りでも脱がなくていいミッドシェル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

上りでも下りでも脱がなくていいミッドシェル

 高い透湿性に加え、耐久性・防風性・防滴性をバランスよく備えることで運動量の多い上りでも空気を切り裂く下りでもずっと着用しているヴェロキラップジャケットがアウトドアメーカーのファイントラックから発売された。超軽量に仕上げることで、ずっと着ていても行動

バックナンバー 過去ニュース
 高い透湿性に加え、耐久性・防風性・防滴性をバランスよく備えることで運動量の多い上りでも空気を切り裂く下りでもずっと着用しているヴェロキラップジャケットがアウトドアメーカーのファイントラックから発売された。超軽量に仕上げることで、ずっと着ていても行動
  •  高い透湿性に加え、耐久性・防風性・防滴性をバランスよく備えることで運動量の多い上りでも空気を切り裂く下りでもずっと着用しているヴェロキラップジャケットがアウトドアメーカーのファイントラックから発売された。超軽量に仕上げることで、ずっと着ていても行動
 高い透湿性に加え、耐久性・防風性・防滴性をバランスよく備えることで運動量の多い上りでも空気を切り裂く下りでもずっと着用しているヴェロキラップジャケットがアウトドアメーカーのファイントラックから発売された。超軽量に仕上げることで、ずっと着ていても行動のストレスにはならない。男性用20,790円、女性用20,370円。

 多くのシェルには行動時に着脱が求められる。それは運動量や天候などによってウエア内の温度が「暑い」「寒い」と変化するからだ。でも着脱は面倒。そして時間的なロスにもなってしまう。脱がずにずっと行動できるミッドシェルは行動を力強くサポート。ぐっと気温が下がった時にはアウターシェルと合わせることで効率いい保温が期待できる。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top