宮澤崇史、増田成幸が南半球でシーズンイン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮澤崇史、増田成幸が南半球でシーズンイン

 南米アルゼンチンでツール・ド・サンルイスが1月21日に開幕し、今季からイタリアのキャノンデールに所属する増田成幸がシーズン最初のレースを走り、145位でフィニッシュ。翌第2ステージは101位で無難なスタートを切った。大会は27日まで。

バックナンバー 過去ニュース
 南米アルゼンチンでツール・ド・サンルイスが1月21日に開幕し、今季からイタリアのキャノンデールに所属する増田成幸がシーズン最初のレースを走り、145位でフィニッシュ。翌第2ステージは101位で無難なスタートを切った。大会は27日まで。

 22日にはオーストラリアでツアーダウンアンダーが開幕し、サクソ・ティンコフの宮澤崇史は101位でゴールしている。大会は27日まで。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top