JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール

 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

バックナンバー 過去ニュース
 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
  •  イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

 サドル後退量は、JCF競技規則において「サドルの先端部がボトムブラケットの中心を通る垂線より少なくとも5cm後方に位置しなければならない」と規定されている。この後退量を正確に測定するツールが Art.151だ。JCF競技規則が適用されるレースに出場する選手、メカニックには必携のツール。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top