JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール

バックナンバー 過去ニュース
 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
  •  イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

 サドル後退量は、JCF競技規則において「サドルの先端部がボトムブラケットの中心を通る垂線より少なくとも5cm後方に位置しなければならない」と規定されている。この後退量を正確に測定するツールが Art.151だ。JCF競技規則が適用されるレースに出場する選手、メカニックには必携のツール。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top