JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JCF競技規則のサドル後退量を測定するツール

バックナンバー 過去ニュース

 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
  •  イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
 イタリアのビチサポートからArt 151サドル後退量測定ツールが入荷された。13,800円。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

 サドル後退量は、JCF競技規則において「サドルの先端部がボトムブラケットの中心を通る垂線より少なくとも5cm後方に位置しなければならない」と規定されている。この後退量を正確に測定するツールが Art.151だ。JCF競技規則が適用されるレースに出場する選手、メカニックには必携のツール。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫米国メディアに手の平を返させた大谷翔平、開幕前の酷評をどう感じていた?

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!
page top