橋本聖子が日本自転車競技連盟の会長に就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

橋本聖子が日本自転車競技連盟の会長に就任

 参議院議員の橋本聖子(48)が日本自転車競技連盟の会長に就任した。同氏は自転車競技選手として1988年ソウル大会、1992年バルセロナ大会、1995年アトランタ大会と三度オリンピックに出場した。日本スケート連盟の会長との兼任。

バックナンバー 過去ニュース
 参議院議員の橋本聖子(48)が日本自転車競技連盟の会長に就任した。同氏は自転車競技選手として1988年ソウル大会、1992年バルセロナ大会、1995年アトランタ大会と三度オリンピックに出場した。日本スケート連盟の会長との兼任。

「自転車競技界は競技人口の伸び悩みや財政的な問題など厳しい状況に直面している。このような状況の下、課せられた社会的使命や普及発展のために取り組むべき課題が多い。関係者とともに明るい未来に向けて発展できるよう努力したい」と橋本会長。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top