ユーラシアの竹之内悠がフランスのGPゴメニーで優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ユーラシアの竹之内悠がフランスのGPゴメニーで優勝

バックナンバー 過去ニュース

 ユーラシアの竹之内悠が8月15日にフランスで行われたGPゴメニーで優勝した。2週間ほど前にベルギーのレースで優勝しているが、今回のレースは1ランク上のレベルで、フランスチームに所属するフランス選手、 英国、ベルギー、スウェーデン選手などが上位に名を連ねるな
  •  ユーラシアの竹之内悠が8月15日にフランスで行われたGPゴメニーで優勝した。2週間ほど前にベルギーのレースで優勝しているが、今回のレースは1ランク上のレベルで、フランスチームに所属するフランス選手、 英国、ベルギー、スウェーデン選手などが上位に名を連ねるな
 ユーラシアの竹之内悠が8月15日にフランスで行われたGPゴメニーで優勝した。2週間ほど前にベルギーのレースで優勝しているが、今回のレースは1ランク上のレベルで、フランスチームに所属するフランス選手、 英国、ベルギー、スウェーデン選手などが上位に名を連ねるなかで、日本チームに所属する日本選手が優勝するという、価値のある勝利となった。

 8kmの周回を19周回の154kmで行われたレースは、序盤から上りとその後の横風区間でペースが上がり、集団は分裂と合流を繰り返しながら進んでいった。中盤の上り区間で竹之内を含む15選手が集団から抜け出す。そこに後続集団からチームメートの大場政登志を含む5選手が加わる。先頭集団の18人にユーラシアから2人が加わるという絶好の展開となった。
 ラスト5周になって逃げ切りが濃厚になると、先頭集団では細かなアタックが繰り返される。ラスト2周で3選手が飛び出し、そこに竹之内とフランス人が加わって5選手が先行する。この5人は最後まで逃げ切り、ラスト300mからロングスプリントを仕かけた竹之内が逃げ切りで優勝した。
「前回優勝したときよりも今回の方がとてもうれしく感じる」と竹之内。
「1回勝つことはまぐれでもあり得るし、前回は集団からラスト1kmで飛び出して勝った。今回は集団が18人に絞られてから勝つことを意識していたし、実際に集団の動きを把握した中で勝てたので自分の中でとても充実感がある」
 竹之内は8月27日に帰国する。今シーズンヨーロッパのレースは残り6レースとなった。今後の目標を竹之内は「もう1回勝ちたいです」と即答した。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top