山口国体成年ロードで奈良の吉田隼人が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

山口国体成年ロードで奈良の吉田隼人が優勝

バックナンバー 過去ニュース
 国民体育大会成年ロードレースが10月9日に山口県美祢市・長門市を舞台に開催され、鹿屋体育大の吉田隼人と山本元喜が奈良県代表で参加。作戦通りに山本がアタックを連発し、混戦のゴールスプリントで吉田が異次元のスピードで抜け出して優勝した。

 09・10年には鹿屋体育大卒の中島康晴が福井県勢として連覇。昨春にキャノンデールバイクに統一した同大学勢は確実なレベルアップを経て、前回の11年に2位野中竜馬(広島)、3位野口正則(奈良)と好成績を修めていた。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top