自転車事故で多額の賠償金 保険加入も必要か | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車事故で多額の賠償金 保険加入も必要か

バックナンバー 過去ニュース

「歩道上で歩行者を相手に事故を起こしたら100%自転車が悪いというのが通例」「一般の保険ではカバーできない自転車事故。加害者が自己破産し、最高裁まで8年争って被害者も賠償金はゼロという例も」。6月16日に東京都渋谷区神宮前のKDDIデザイニングスタジオで開催さ
  • 「歩道上で歩行者を相手に事故を起こしたら100%自転車が悪いというのが通例」「一般の保険ではカバーできない自転車事故。加害者が自己破産し、最高裁まで8年争って被害者も賠償金はゼロという例も」。6月16日に東京都渋谷区神宮前のKDDIデザイニングスタジオで開催さ
「歩道上で歩行者を相手に事故を起こしたら100%自転車が悪いというのが通例」「一般の保険ではカバーできない自転車事故。加害者が自己破産し、最高裁まで8年争って被害者も賠償金はゼロという例も」。6月16日に東京都渋谷区神宮前のKDDIデザイニングスタジオで開催された「これからのサイクリングスタイル」を議論するトークショーでこんな話題にだれもがビックリした。(山口和幸)

「有名サイクリストたちが提言するこれからのサイクリングスタイル~スマートサイクリングの輪を広げよう!」と題した自転車トークショー。スポーツナビゲーターの白戸太朗が司会を務め、毎日新聞社会部記者で自転車に関わる社会問題に詳しい馬場直子、自転車好きで知られるフォークシンガーのなぎら健壱、自転車専門誌などで活躍するコラムニストのドロンジョーヌ恩田が参加した。
「日本の道路は自転車のために作られていない。法律もうやむや」と、なぎらが指摘。これでは事故が起こっても当然だという。
 ドロンジョーヌは「フィットネスとして最高の乗り物なのに、事故が多いのも現実。日常生活の中で自転車に乗ると気がゆるみがち」。特に町中が危険だと指摘する。

 急速な自転車ブームにともなって自転車事故も急増。その対策として自転車保険に加入するのも解決策だが、大手保険会社によれば「事故率が高く、なかなか商品化できない」という。付帯を含めて自転車保険の加入率は16%という。
「行政が自転車レーンを設置すると同時に、クルマのように自賠責を設定するなどなんらかの対策を講じる必要がある」(馬場)
 現在の自転車保険は、自転車関連団体の年会費に付帯されるものがあるほか、一部の損保会社が独自商品として販売している。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top