ツール・ド・台湾の第5Sで福島晋一が独走優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・台湾の第5Sで福島晋一が独走優勝

バックナンバー 過去ニュース

 3月24日にチャイニーズ・タイペイで行われたツール・ド・台湾の第5ステージ(距離111.22km)で日本ナショナルチームの福島晋一(39)が88kmを独走して優勝した。
  •  3月24日にチャイニーズ・タイペイで行われたツール・ド・台湾の第5ステージ(距離111.22km)で日本ナショナルチームの福島晋一(39)が88kmを独走して優勝した。
 3月24日にチャイニーズ・タイペイで行われたツール・ド・台湾の第5ステージ(距離111.22km)で日本ナショナルチームの福島晋一(39)が88kmを独走して優勝した。

 福島は沖縄国体参加時に、石垣島在住だった新城幸也の才能を見抜き、自転車競技に転向するきっかけを作ったベテラン選手。
《編集部》
page top