萩原麻由子が世界選手権女子ロードで38位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

萩原麻由子が世界選手権女子ロードで38位

バックナンバー 過去ニュース
 豪州で開催されている自転車ロードレースの世界選手権は10月2日、エリート女子ロードレースが距離127.2kmで行われ、日本から唯一出場した萩原麻由子(サイクルベースあさひ)が7分40秒遅れの38位でゴールした。優勝はイタリアのジョルジナ・ブロンジーニ。オランダのマリアンヌ・フォスは4年連続の2位。出場は35カ国、123人。

 3日は注目のエリート男子。新城幸也(Bboxブイグテレコム)、別府史之(ラジオシャック)、土井雪広(スキル・シマノ)と海外を拠点として走る3選手が出場する。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top