ジロ15Sはバッソが優勝候補のエバンスを制して優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ15Sはバッソが優勝候補のエバンスを制して優勝

バックナンバー 過去ニュース

 ジロ・デ・イタリアは5月23日、メストレ~モンテ・ゾンコラン間の222kmで第15ステージが行われ、06年の総合優勝者イバン・バッソ(32=イタリア、リクイガス・ドイモ)が初優勝をねらう豪州のカデル・エバンス(33=BMC)に1分19秒差をつけて優勝した。総合1位はダビ・アロヨ(30=スペイン、ケスデパーニュ)が守った。

●第15S成績
1 I・バッソ(イタリア、リクイガス・ドイモ)6時間21分58秒
2 C・エバンス(豪州、BMC)1分19秒遅れ
3 M・スカルポーニ(イタリア、アンドローニジョカットーリ)1分30秒遅れ
4 D・クネゴ(イタリア、ランプレ・ファルネスビーニ)1分58秒遅れ
5 A・ビノクロフ(カザフスタン、アスタナ)2分26秒遅れ
6 C・サストレ(スペイン、サーベロ)2分44秒遅れ
110 新城幸也(Bboxブイグテレコム)26分10秒遅れ

●個人総合成績
1 D・アロヨ(スペイン、ケスデパーニュ)67時間48分42秒
2 R・ポート(豪州、サクソバンク)2分35秒遅れ
3 I・バッソ(イタリア、リクイガス・ドイモ)3分33秒遅れ
4 C・サストレ(スペイン、サーベロ)4分21秒遅れ
5 C・エバンス(豪州、BMC)4分43秒遅れ
6 A・ビノクロフ(カザフスタン、アスタナ)5分51秒遅れ
125 新城幸也(Bboxブイグテレコム)2時間33分12秒遅れ
《編集部》
page top