ロンドン五輪枠争い開始、男子ケイリンは好発進 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロンドン五輪枠争い開始、男子ケイリンは好発進

バックナンバー 過去ニュース

 国際自転車競技連合が5月5日、ロンドンオリンピックにおける自転車競技のトラック、MTB、BMX種目の参加枠規定を発表した。日本勢がこれまでの五輪でメダル獲得の実績があるトラック種目に関しては、2010年から12年までの各大陸選手権、ワールドカップシリーズ、世界選手権での成績に応じて出場枠が与えられる。2010年アジア選手権は4月にUAEで開催されていて、男子ケイリンで渡邉一成が優勝、成田和也が2位に入るなど、日本勢はロンドン五輪に向けて好発進している。

 2010年から2年間の国際大会の成績に応じてロンドン五輪の出場枠が配分されることは、今年3月の段階で国際自転車競技連合から各国の自転車連盟に通達されていた。日本はそれを承知してUAEに渡邉ら主力選手を送り込み、ワンツーフィニッシュするなどの成績を修めた。発表が5月になったのは国際オリンピック委員会の正式承認を得る必要があったためのようだ。
 同大会では男子ケイリン以外に、五輪種目の男子チームスプリントで2位、同じく男子オムニアムで盛一大(愛三工業)が2位、女子オムニアムのなかの1種目であるポイントレースで萩原麻由子(サイクルベースあさひ)が優勝している。
 ワールドカップシリーズや世界選手権ではなかなか上位に食い込めないだけに、アジア選手権で勝てるときに勝っておくのがロンドン五輪につながるはずだ。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top