交通死者ワースト1位の栃木県でブリッツェンが安全運動 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

交通死者ワースト1位の栃木県でブリッツェンが安全運動

バックナンバー 過去ニュース

 栃木県宇都宮市に密着してレース活動を行う宇都宮ブリッツェンが、「高齢者交通安全県民総ぐるみ運動」をバックアップしようと、柿沼章と廣瀬佳正が栃木県庁で行われたセレモニーに参加した。

 栃木県内の平成22年中交通事故による死亡数は、人口10万人当たりの交通死亡者割合として全国ワースト1位。そのうち、高齢者の割合が51%と死亡者の半数を占めていることから、今回から始まる「高齢者交通安全県民総ぐるみ運動」を積極的に支援し、高齢者の交通事故防止をアピールしていく。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top