女の子だけの競輪レース、ガールズケイリンが開幕 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

女の子だけの競輪レース、ガールズケイリンが開幕

 ガールズケイリンビーナスシリーズ3の第1戦、立川ステージが1月6日に東京都の立川競輪場で初日を迎え、昨年の総合優勝者石井寛子(スーパーKアスリートラボ)と初出場の前田佳代乃(鹿屋体育大)が予選を1着でゴールし、7日に同地で行われる決勝に進出した。

バックナンバー 過去ニュース
 ガールズケイリンビーナスシリーズ3の第1戦、立川ステージが1月6日に東京都の立川競輪場で初日を迎え、昨年の総合優勝者石井寛子(スーパーKアスリートラボ)と初出場の前田佳代乃(鹿屋体育大)が予選を1着でゴールし、7日に同地で行われる決勝に進出した。
  •  ガールズケイリンビーナスシリーズ3の第1戦、立川ステージが1月6日に東京都の立川競輪場で初日を迎え、昨年の総合優勝者石井寛子(スーパーKアスリートラボ)と初出場の前田佳代乃(鹿屋体育大)が予選を1着でゴールし、7日に同地で行われる決勝に進出した。
 ガールズケイリンビーナスシリーズ3の第1戦、立川ステージが1月6日に東京都の立川競輪場で初日を迎え、昨年の総合優勝者石井寛子(スーパーKアスリートラボ)と初出場の前田佳代乃(鹿屋体育大)が予選を1着でゴールし、7日に同地で行われる決勝に進出した。

 華やかさが魅力のガールズケイリン。日本国内の女子自転車競技者のトップクラスが集結し、「ケイリン」という国際ルールに基づいて行なわれる。
 ルールは5人から8人の選手が横1列に並び、ペーサー(誘導員)がスタートラインに接近した時、スターターの号砲により一斉にスタートする。ペーサーが残り1.5周で離脱し、そこからゴールまで選手だけの競走が行なわれる。フィニッシュラインを通過した順に着位が決定される。

 この日の予選第1レースでは、初出場となる前田が持ち味の脚力を活かして1位に。同大学の近藤美子とともに決勝に進出した。
「レース前は穏やかな雰囲気だったが、直前になると頭が切り替わった。冷静に、かつ集中してレースに挑めた。明日の決勝は近藤と力を合わせて、勝利をねらっていきたい」と前田。

 ガールズケイリンでの経験も豊富な石井は予選第2レースで登場。観客の声援が一段と大きくなった。レースでは終始、全体を把握している様子で余裕を見せ、ラスト1周で後続を大きく引き離して圧倒的な強さで1着ゴールした。
 周囲に敵なしと言われ、プレッシャーを感じながらレースに臨んだ石井。
「予選であっても全力で走って、絶対に1位になりたかった。スタート直前は話できないくらいプレッシャーを感じていた。ラスト1周で先頭を走っているときは、真後ろに選手がいるかと思って必死だった。明日ももちろん優勝をねらいたい」

 7日の決勝レースに出場する選手は以下の通り。
石井寛子(スーパーKアスリートラボ)
近藤美子(鹿屋体育大)
前田佳代乃(鹿屋体育大)
篠崎新純(セオレーシング)
白井美早子(マサヒコミフネドットコム)
遠山恵(チームサイクルミノル)
松尾智佳(松山大)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top