国体最終日、チームスプリントで宮城が大会新で優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

国体最終日、チームスプリントで宮城が大会新で優勝

バックナンバー 過去ニュース

 第64回国民体育大会の自転車競技トラック種目は新潟県蒲原郡弥彦村の弥彦競輪場で10月1日に最終日を迎え、チームスプリントでは櫻井正孝(東北学院大)、安部力也(日本大)、保科千春(東北高)で構成された宮城チームが1分16秒892の大会新記録で優勝した。

成年男子の競技結果は以下のとおり。

●成年男子スプリント
1 佐々木吉徳(明治大)
2 藤井栄二(兵庫県連盟)
3 阿部力也(日本大)

●4km速度競争
1 鈴木信啓(福島=明治大)5分0秒15
2 穂苅大地(新潟=法政大)5分1秒02
3 岡豊洋(和歌山=京産大)5分20秒09

●4km団体追抜競争
1 奈良(入部、吉田、野口、元砂)4分25秒682
2 岐阜(横関、高橋、井関、矢野)4分28秒553
3 福島(我妻敏、窪木、我妻優、鈴木)4分29秒566

●チームスプリント
1 宮城(櫻井、安部、保科)1分16秒892
2 秋田(石川、佐々木、佐藤)1分17秒740
3 大分(萱島、後藤、魚屋)4分29秒566

●ケイリン
1 櫻井正孝 (宮城=東北学院大)
2 小松崎大地(福島=福島県連盟)
3 石倉龍二(和歌山=日本大)
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top