アジア選手権で渡邉がスプリント優勝を逃す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アジア選手権で渡邉がスプリント優勝を逃す

バックナンバー 過去ニュース

 8月14日にインドネシアのカリマンタンで開幕した第29回アジア自転車競技選手権/第16回アジア・ジュニア自転車競技選手権は、大会3日目に行われた男子スプリントで渡邉一成(JPCA・福島)が2位、女子ケイリンで石井寛子(スーパーKアスリートラボ)が2位になるなど、日本勢は男子ケイリンの渡邉をのぞいて、ことごとく優勝を逃した。

●男子スプリント
2 渡邉一成(JPCA・福島)
●男子マディソン
2 日本チーム(盛一大=愛三工業、伊藤雅和=鹿屋体育大)
●女子ケイリン
2 石井寛子(スーパーKアスリートラボ)
●男子オムニアム
3 佐々木龍(早稲田大)
●女子ポイントレース
3 石井寛子(スーパーKアスリートラボ)
●女子個人ロードレース(103.2km)
5 西加南子(フォーカス・アウトドアプロダクツ)
15 萩原麻由子(サイクルベースあさひ)
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top