シルクイト・デ・ゲッチョでEQAがチーム賞を獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シルクイト・デ・ゲッチョでEQAがチーム賞を獲得

バックナンバー 過去ニュース

 シルクイト・デ・ゲッチョが7月31日にスペイン、バスク地方のゲッチョで行われ、エウスカルテルのケルド・フェルナンデスが集団スプリントを制して優勝した。日本からはEQA・梅丹本舗が参戦し、宮澤崇史が4位に入ルとともに、チーム賞を獲得した。
「ゴール勝負は右のラインで行きたかったので、福島晋一に連れていってもらった。出きれなくて10番手でカーブを曲がって、その後伸びていい感じでいけた。今年、今までの中で一番感じがよかった。2年前の2位の時より、いい感触がつかめている。途中、増田成幸や菊池誠晃が逃げを追ったり、清水都貴が登りでアタックに反応したり、チームでレースがちゃんとできているのを感じた」と宮澤。
 以下はチームレポート。

 スペインのワンデーレースは、朝が早い。9時スタートとなった今回のレースは、16.85kmを11周する185.35kmで行われた。カテゴリーの高いレースなので、ケスデパーニュやエウスカルテルなどのプロチームも参戦。このレースは毎年集団スプリントで、一昨年は宮澤崇史が2位、昨年は清水都貴が4位に入っており、チームにとっては相性のいいレースと言える。

 レースは1周目で15人の逃げが決まり、その後先頭は12人になる。5周目くらいから先頭に誰も送り込まなかったEQAチームは、他チームとともに、増田、菊池、グレゴール・ガズボダの3人が先頭交代に加わり、徐々に2分近くの差を詰めていく。終盤で逃げは捕まり、9周目で集団から一人の選手が飛び出すも目立った展開はなく、最終周回で集団はひと固まりとなり、ゴールスプリント勝負へ。

 このレースは、ラスト350mにある最終カーブをどの位置で通過するかにより、勝敗が決まる。残り1kmを切ると激しいポジション争いが行われ、左からガズボダ、ギヨーム・ポン、ミカエル・ダミアン、清水の列車、右から福島、宮澤の列車を作り、最後のカーブへ。左からの列車の方がいいポジションでラストの直線に入り、スプリンターの宮澤にとっては少々不利な展開となったが、持ち前のパワーで最後の直線で一気にライバルたちを抜かし、4位でゴールした。左から攻めたガズボダと清水も13位と17位に入った。スプリンター要員の一人だったパク・ソンベクは終盤に足をつってしまいリタイアとなったが、調子は上向きなので今後のレースに期待が持てる。

 ワンデーレースにしては珍しく、このレースにはチーム賞があり、EQAチームは、上位3人の成績がよかったため、チーム賞を獲得。チーム全員で表彰台に上がり、バスクの観客たちから祝福を受けた。
《編集部》
page top