別府史之がシャンゼリゼで敢闘賞の赤ゼッケンを獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

別府史之がシャンゼリゼで敢闘賞の赤ゼッケンを獲得

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランス第21ステージでスキル・シマノの別府史之(26)が敢闘賞を受賞した。パリ・シャンゼリゼの特設サーキットで、8周のうち7周を先頭集団で激走。大観衆の声援を受けたが、残り半周でゴール勝負に持ち込みたいチームの追撃を受けて吸収された。
  •  ツール・ド・フランス第21ステージでスキル・シマノの別府史之(26)が敢闘賞を受賞した。パリ・シャンゼリゼの特設サーキットで、8周のうち7周を先頭集団で激走。大観衆の声援を受けたが、残り半周でゴール勝負に持ち込みたいチームの追撃を受けて吸収された。
 ツール・ド・フランス第21ステージでスキル・シマノの別府史之(26)が敢闘賞を受賞した。パリ・シャンゼリゼの特設サーキットで、8周のうち7周を先頭集団で激走。大観衆の声援を受けたが、残り半周でゴール勝負に持ち込みたいチームの追撃を受けて吸収された。

 敢闘賞は、ステージごとに果敢な走りをした選手を選出するもので、レース終了後の表彰式に登壇する。しかし最終日は23日間を通しての総合的な敢闘賞を表彰することになっていて、別府がツール・ド・フランスの表彰台に上ることはできなかった。それでもシャンゼリゼの石畳の上で、赤いゼッケンをモチーフにした楯を受け取った。

「ついにシャンゼリゼにたどり着くことができました。長いようで短い3週間でした」と別府。
「小さいころから憧れていた舞台で、いまある力をすべて出し切ることができ、大変満足しています。そして今回の大会を通じて、日本人の可能性を新城選手とともに見せられたことはもう一つの成果でした。今後、さらに自分自身を高め、また今回のような報告ができるよう精進したいと思います」
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top