スキルの別府は最難関の山岳を142位でゴール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スキルの別府は最難関の山岳を142位でゴール

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランスはアルプスの山岳ステージ2日目となる7月21日、スイスのマルティニからフランスのブールサンモリスまでの159kmで第16ステージが行われ、スキル・シマノの別府史之(26)が25分33秒遅れの142位でゴールした。以下は同チームスタッフの今西尚志のレ
  •  ツール・ド・フランスはアルプスの山岳ステージ2日目となる7月21日、スイスのマルティニからフランスのブールサンモリスまでの159kmで第16ステージが行われ、スキル・シマノの別府史之(26)が25分33秒遅れの142位でゴールした。以下は同チームスタッフの今西尚志のレ
 ツール・ド・フランスはアルプスの山岳ステージ2日目となる7月21日、スイスのマルティニからフランスのブールサンモリスまでの159kmで第16ステージが行われ、スキル・シマノの別府史之(26)が25分33秒遅れの142位でゴールした。以下は同チームスタッフの今西尚志のレポート。

 このツール・ド・フランスにおいて最も過酷なステージの1つといえるのがこの第16ステージである。スタート直後より、標高2,500mの山を越えてイタリアに入り、直後に連続して2,200mの山を上り、フランスに戻ってくるという過酷な山岳ステージあった。
 優勝争いも佳境を迎え、スタートから気の抜けないレースとなる。普段ではあまり多く見られない、スタート前に入念にウォーミングアップする選手の姿が多く見られたほどだ。
 スタート直後から予想通り、集団から飛び出しを図る選手が多く見られ、スキル・シマノのシモン・ゲシュケ(ドイツ)やジョナタン・イベール(フランス)が果敢に攻めた。しかし後半、力勝負となったところで他のチームに及ばす、チーム最高位がクーン・デコルト(オランダ)の96位という結果に終わった。
 だが、この日も最終走者となったケニー・ファンフンメル(オランダ)を含め、全員が完走。このままいくと、「全員が最終日のパリに到着するだろう」と監督のルディ・ケムナは抱負を語っている。
 別府は、コンスタントに調子を上げつつあったが、この日は順位的には後方の142位、総合では、130位(161人中)を維持している。
 翌22日ももうひとつの過酷な山岳ステージが待っている。22日さえ超えれば、パリはもう少し近くなることだろう。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top