「厳しい山岳も乗り越えられる」と別府 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「厳しい山岳も乗り越えられる」と別府

バックナンバー 過去ニュース
 7月18日にコルマール~ブザンソン間の199kmで行われたツール・ド・フランス第14ステージで、スキル・シマノのアルベルト・ティンメル(オランダ)が区間勝利争いに加わるなどで活躍。別府史之も序盤から積極的な動きを見せ、「最終日前日までは、厳しい山岳ステージが
  •  7月18日にコルマール~ブザンソン間の199kmで行われたツール・ド・フランス第14ステージで、スキル・シマノのアルベルト・ティンメル(オランダ)が区間勝利争いに加わるなどで活躍。別府史之も序盤から積極的な動きを見せ、「最終日前日までは、厳しい山岳ステージが
 7月18日にコルマール~ブザンソン間の199kmで行われたツール・ド・フランス第14ステージで、スキル・シマノのアルベルト・ティンメル(オランダ)が区間勝利争いに加わるなどで活躍。別府史之も序盤から積極的な動きを見せ、「最終日前日までは、厳しい山岳ステージが控えているが、調子がいいので、乗り越える自信は充分にある」と語った。以下は同チームスタッフの今西尚志によるレポート。

 もうすでにツール・ド・フランスも21ステージ中の14ステージ目。この日は、スピードマンが活躍できる最後の平地ステージとなったため、スタート早々からハイスピードのレース展開となった。
 開始14km地点で、スキル・シマノのティンメルを含む12名の先頭集団が形成されたた。しかし、そこに選手を送り込めなかったチームが、集団を牽引し捕まえに出る。その動きにより、レースの最初の1時間の平均速度が49.8kmと、今大会の最速を記録した。
 しかし彼らの追い込みも長くは続かず、先頭集団は順調に差を広げ、12名の逃げ切りが確実となる。ラスト10kmを過ぎ、ここまで協調体制で臨んでいた12名による最後の戦いが始まった。
 アルバートは、第5ステージに続き、12名から飛び出しを図り、ラスト1.5kmまで2位の位置をキープしていたが、後ろから数人追い込まれ、11位という結果となった。しかし、彼の走りはこの日も我々の心を踊らしてくれた。彼の逃げ切りが成功する日も近いと感じた。
 一方、別府史之は、メイン集団の86位(164人出走)でゴールした。

●別府史之のコメント
「僕もアルバートが飛び出す前に、何度か飛び出しを狙ったが、うまくいかなかった。明日から最終までは、厳しい山岳ステージが控えているが、調子がいいので、乗り越える自信は充分にある」
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top