新城の僚友フェドリゴがステージ優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

新城の僚友フェドリゴがステージ優勝

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランスは7月12日、サンゴーダンからタルブまでの160.5kmで第9ステージが行われ、Bboxブイグテレコムのピエリック・フェドリゴ(30=フランス)がリクイガスのフランコ・ペッリゾッティ(31=イタリア)とのゴール勝負を制して優勝した。首位はAG2Rのリ
  •  ツール・ド・フランスは7月12日、サンゴーダンからタルブまでの160.5kmで第9ステージが行われ、Bboxブイグテレコムのピエリック・フェドリゴ(30=フランス)がリクイガスのフランコ・ペッリゾッティ(31=イタリア)とのゴール勝負を制して優勝した。首位はAG2Rのリ
 ツール・ド・フランスは7月12日、サンゴーダンからタルブまでの160.5kmで第9ステージが行われ、Bboxブイグテレコムのピエリック・フェドリゴ(30=フランス)がリクイガスのフランコ・ペッリゾッティ(31=イタリア)とのゴール勝負を制して優勝した。首位はAG2Rのリナルド・ノチェンティーニ(31=イタリア)で変わらず。日本勢は新城が123位、別府史之(26=スキル・シマノ)が140位。

 日本勢2人が前半の難関であるピレネー山脈をクリアした。第9ステージは快晴に恵まれ、標高2,115mのツールマレー峠はその雄大な景観を惜しげもなくさらす。別府は「夢のような大舞台を、しかもピレネーの有名な峠を走ることができて感激しました」とコメントしたくらいだ。
 この日新城は、チームメートのフェドリゴが先頭を走る展開となったことから、集団の中で体力を温存。序盤はマイヨジョーヌを含む有力選手のいる集団で走り、その後も第2集団でツールマレー峠をクリアした。
 新城は前夜、チームメカニックに山岳用のホイールであるカンパニョーロ・ハイペロンに交換してほしいとオーダーした。平坦ステージでパンチのあるアタックを得意とする新城は、高速巡航性能の高いリム高の高いホイール、ボーラを常に愛用しているが、ピレネー3日目にして普段はほとんど試したことのない超軽量ホイールを選択したのだ。
「ピレネーの3日間を乗り越えることができてホッとしています。明日の休息日はとにかく寝たい」
 一方の別府も安堵の表情。ゴール後は近くの競技場で簡単にシャワーをあび、タルブ空港行きのバスに乗り込んだ。
「休日開けの後半戦はチームとしてできることを考えて走りたい」
 チャンスがあればねらっていく気持ちが満々だ。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top