ツール第5Sは新城の僚友ボクレールが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール第5Sは新城の僚友ボクレールが優勝

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランスは7月8日、カプダジュ~ペルピニャン間の196.5kmで第5ステージが行われ、新城幸也の所属するBboxブイグテレコムのエース、トマ・ボクレール(フランス)が独走で優勝した。新城はアシストとして後続集団の抑え役を果たし、区間18位でゴールした。
  •  ツール・ド・フランスは7月8日、カプダジュ~ペルピニャン間の196.5kmで第5ステージが行われ、新城幸也の所属するBboxブイグテレコムのエース、トマ・ボクレール(フランス)が独走で優勝した。新城はアシストとして後続集団の抑え役を果たし、区間18位でゴールした。
 ツール・ド・フランスは7月8日、カプダジュ~ペルピニャン間の196.5kmで第5ステージが行われ、新城幸也の所属するBboxブイグテレコムのエース、トマ・ボクレール(フランス)が独走で優勝した。新城はアシストとして後続集団の抑え役を果たし、区間18位でゴールした。

◆第5ステージ成績
1 T・ボクレール(フランス、Bboxブイグテレコム)4時間29分35秒
2 M・イグナチエフ(ロシア、カチューシャ)7秒遅れ
3 M・カベンディッシュ(イギリス、チームコロンビア)7秒遅れ
4 T・ファーラー(アメリカ、ガーミン)7秒遅れ
5 G・ツィオレック(ドイツ、ミルラム)7秒遅れ
6 D・ナポリターノ(イタリア、カチューシャ)7秒遅れ
18 新城幸也(Bboxブイグテレコム)7秒遅れ
24 F・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)7秒遅れ
41 L・アームストロング(アメリカ、アスタナ)7秒遅れ
72 別府史之(スキル・シマノ)7秒遅れ
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top