全日本ジュニアロード、優勝は黒枝士揮 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本ジュニアロード、優勝は黒枝士揮

バックナンバー 過去ニュース
 第14回全日本ジュニア自転車競技選手権大会ロードレースが5月28日(土)、広島県中央森林公園サイクリングロード(1周12.3km)で行われ、大分・日出暘谷高の黒枝士揮(17)が優勝した。
 黒枝は「この優勝の勢いに乗って、インターハイでも勝ちたい」と今後の意気込みを語った。
 この日は17歳以下のレースも行われ、石川・金沢高の山崎航(16)が優勝した。

<男子ジュニアU19>
1位 黒枝士揮(大分・日出暘谷高)3時間15分59秒
2位 山本元喜(奈良・奈良北高)3時間16分00秒
3位 笠原恭輔(埼玉・小松原高)3時間16分11秒
4位 中井俊亮(奈良・榛生昇陽高)3時間16分22秒
5位 大平将汰(奈良・奈良北高)3時間16分56秒

<男子ジュニアU17>
1位 山崎航(石川・金沢高)1時間41分34秒
2位 岩指翔太(奈良・奈良北高)1時間41分35秒  
3位 中武三四郎(大阪・城東工科高)1時間41分36秒
4位 眞砂英哲(香川・高松工芸高)1時間41分36秒
5位 市川襄(神奈川・法政第二高)1時間41分36秒
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top