今中大介がエタップ・デュ・ツール参戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

今中大介がエタップ・デュ・ツール参戦

バックナンバー 過去ニュース

 約9000人が走る市民レース「エタップ・デュ・ツール」に、日本人プロとして唯一のツール・ド・フランス出場経験を持つ今中大介が出場する。このレースはツール・ド・フランスの山岳区間となる1ステージを走るもので、今年は最大の勝負どころ、第20ステージのモンバン
  •  約9000人が走る市民レース「エタップ・デュ・ツール」に、日本人プロとして唯一のツール・ド・フランス出場経験を持つ今中大介が出場する。このレースはツール・ド・フランスの山岳区間となる1ステージを走るもので、今年は最大の勝負どころ、第20ステージのモンバン
 約9000人が走る市民レース「エタップ・デュ・ツール」に、日本人プロとして唯一のツール・ド・フランス出場経験を持つ今中大介が出場する。このレースはツール・ド・フランスの山岳区間となる1ステージを走るもので、今年は最大の勝負どころ、第20ステージのモンバントゥーにゴールするコースが舞台。
「日本から出発するエタップ参戦ツアーに参加する一般の皆さんと一緒に出場します。08年大会で片山右京さんが日本人トップの284位でゴールしていますが、私は楽しみながら走りたいと思います」と語っている。

 今中は参戦後にツール・ド・フランス観戦も予定。遠征の前後には日本でツール・ド・フランスを生中継するJスポーツの解説もこなす。06年のツール・ド・フランス出場以来となる実際のコース走行となるだけに、テレビ解説でも現地の実体験を熱く語ってくれそうだ。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top