トラックW杯第2戦のチームスプリントで日本が2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トラックW杯第2戦のチームスプリントで日本が2位

 トラックのワールドカップ第2戦がオーストラリアのメルボルンで開幕し、大会初日の11月20日に行われたチームスプリントで成田和也、新田祐大、渡邉一成(すべて日本競輪選手会・福島)で構成された日本チームが2位になった。  優勝はオーストラリアのチームTOSHIBA。

バックナンバー 過去ニュース
 トラックのワールドカップ第2戦がオーストラリアのメルボルンで開幕し、大会初日の11月20日に行われたチームスプリントで成田和也、新田祐大、渡邉一成(すべて日本競輪選手会・福島)で構成された日本チームが2位になった。
 優勝はオーストラリアのチームTOSHIBA。トラック・ワールドカップはナショナルチームのほか、国際自転車競技連合に登録されたトラックチームが出場できる。南半球で開催された同大会には、ヨーロッパの強豪国が参加していないこともあり、第1戦で5位の日本勢が順当に順位を上げた。

●男子チームスプリント
1位  TOSHIBA 44秒744
2位  日本 45秒479
3位  ウクライナ 45秒687

●男子ポイントレース
5位 盛一大(愛三工業)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top